課金をしなくても楽しめて、グラフィックもとても綺麗な「Vainglory 5v5」をプレイしてみた!

Vainglory 5v5 とは?

https://www.instagram.com/p/BtOrbabngaM/

Super Evil Megacorpが開発・運営するiOS/Android向けMOBA(Multiplayer online battle arena)タイトル『Vainglory』です。

プレイヤーはマッチング機能を通じて他プレイヤーとチームを組み、オンライン上でバトルを繰り広げていくという流れになています。

バトルは、ヒーローをタップで移動・攻撃させて、敵チームと戦うというもの。仲間との協力戦術の読み合いが勝敗のキーになってきます。

まずは3v3との違いを理解しよう!

・システム面についてですが、ブーツの拡張アイテムとして、味方が視界を確保している場所にテレポートが可能な「テレポートブーツ」が5v5では追加されています。

さらに、従来のスカウトトラップに代わるアイテムとして、「スカウトカメラ」が用意されており、ショップにてアップグレードが可能です。また、5人プレイヤーで戦うため、トップ、ミッド、ボット、ローマー、ジャングラーでのプレイが推奨されているようでした。

・3v3のように、ジャングルを2人で回っているため、レイトキャリーにサポートが付くといったシステムにはならなそうです。ここに関しては、現時点で開発側から提示されているスタイルではありますが、プレイヤーがプレイしていき、最終的にどのような形態や戦略に変わっていくかという点も、5v5との違いです。

・レーンミニオンにはキャプテンミニオンが実装され、周囲のミニオンを強化します。また、ジャングルトレントも5v5向けになっており、ゴールドを入手可能なゴールドオーク、攻撃力が上昇する武器トレントと、クリスタル力が上昇するクリスタルトレント、さらに回復トレントがジャングル内に登場します。

このように、今までの3v3とはかなり異なる部分もあるので、最初のうちはなれないかもしれませんが次第に慣れてくるので大丈夫です。

自分の好きなモードで遊ぼう!

3v3モード

3v3にすることで複雑すぎる内容が少しわかりやすくなって、比較的遊びやすいです。アイテムもキャラも多すぎないし、3v3だと立ち回りとか役割とかが覚えやすくて、最初はこのモードをプレイしましょう。

5v5モード

マップが広くなり、5v5専用のアイテムとかも出てきてかなり3v3より難しくなっています。

ただ3v3奥深さが増した分複雑にもなっていてVaingloryを始めたての人がやると楽しみにくいので、中級者~上級者向けのモードになっています。

大乱闘

3v3や5v5などのスタンダードルールは、試合時間が長ければ30分前後もかかるけど、10分前後で遊べるのが大乱闘です。

人数は3v3と同じで、マップも同じなんですが、ジャングルと呼ばれる下半分が使えません。更に、スタンダードルールだと試合中に買い物ができるんですが大乱闘は敵にやられるまで買い物ができないです。

ということで、とにかく目の前の敵を倒すことだけ考える内容となってます。プレイするヒーローはランダムで決められるので、普段使わないヒーローを遊べるチャンスでもあります。

電撃モード

制限時間は5分なので、ちょっとした隙間時間とかでも気軽に楽しめるのがこのモードです。

3v3や5v5はベインクリスタル破壊が目的ですが、電撃モードはポイント奪取制になってます。

敵ヒーローを倒せば1ポイント、タレットやクリスタルセントリーなどのオブジェクトを倒すと3ポイント獲得でき、15ポイント獲得するか、制限時間を迎えた時にポイントが多いチームの勝ちです。

Vaingloryを実際にプレイしてみよう!

このようにVaingloryは簡単にプレイできるようで、かなり難しいゲームになっています。なので、何度もプレイしてゲームを理解する必要があります。

また、課金などでは強くならないのでプレイングスキルを上げていくしかないです。やればやるだけ強くなっていくので是非何度もプレイしてみてください。

eスポーツにもなっているので、興味のある人は是非プレイしてみてください。5人で協力してやるとより一層楽しめるので、友達や家族と遊んでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です