建築?敵を倒す?自分にあった楽しみ方「フォートナイト」をレビューしてみた

フォートナイトとはいったい・・・

「バトルロイヤル」を題材にしたFPS/TPSのゲームで、様々な種類がある中でもとくに勢いがあるのが「フォートナイト」です。もともとこのタイトルはUnreal Engineの制作会社であるエピック・ゲームズがリリースしたスタンドアローンの建築要素のあるタワーディフェンス系のタイトルです。2017年にPC版やコンソール版がリリースされ、2017年9月12日にスマホ版ができました。

まず、ほかのバトルロイヤルを題材にしたゲームとの大きな違いなのが「圧倒的に見た目」です。現在リリースされている同ジャンルのタイトルはどちらかというとグラフィックがリアリティー寄りで、さらに舞台となるフィールドが広大なのにもかかわらずフォートナイトは3DCGアニメに近い感じで、マップは狭めとなっています。この部分が他のゲームと似ているようで違う部分といえます。

視点移動やスワイプ、攻撃とジャンプがボタンになっている点が難しいです。他のスマホ向けバトルロイヤルと似たゲームではありますが、頻繁に近接攻撃を行う必要があるため、必然的に画面をタッチする回数が多く、画面の大きさや感度次第ではミスが連発する可能性があります。そのため、資材を集める際にマークを狙ったり、スコープで精密なエイムを行ったりするためには多少の慣れが必要になるかもしれませんので、初心者の方は難しいゲームです。しかし、慣れて行くとだんだん1位も取れるのでとても面白くゲームをプレイできます。

フォートナイトの遊び方

https://www.instagram.com/p/BpelU-iBPjE/?hl=ja&tagged=フォートナイト

・ゲームの参加を行ったり、「モード変更」にて、ゲームのモード(ソロ、デュオ、スクワッド)を変更できる。まずは、ソロモードで建築の練習をしたり、相手のことをキル(倒す)練習をしましょう。その後、少しでも慣れたならば2人でやるデュオモードや4人でやるスクワットモードをプレイして見ましょう。友達と一緒にすれば盛り上がること間違いなしなので、友達と一緒にやって見ましょう。

建築素材を集めたり、建築をしてみよう!クラフトに使う資材の数の確認や、クラフト時の素材をタップで変更する事ができるので、銃弾を避ける壁は木材、極力壊されたくない櫓(やぐら)は金属など、使い分けをしましょう。木、レンガ、鉄の順に強度が変わってくるので、できるだけ鉄を集めて、敵に壊されにくい建築をしましょう。

・アンチという嵐が迫ってくるので、そのアンチの中に入らないようにして1位を目指しましょう。どんどんアンチが縮まると敵も集まってくるので、キルをしたり建築をして敵から殺されないように1位を目指す!1位になるとVictory Royareと表示するので、この瞬間がたまらなく良いので目指しましょう。

フォートナイトは少し難しいかも・・・

フォートナイトは他のFPSのゲームよりやることが多いので最初はとても苦戦します。例えば、建築だけで資材確認&変更、クラフト種類の変更、クラフトするものの編集、建築開始、建築素材の向き変更、ジャンプしながら建築このように建築だけでこの種類の要素があります。なので、慣れるまでは本当に難しいです。

銃撃戦も大変です。ジャンプする相手に攻撃をしなければならないですし、ジャンプしながら攻撃をしたり、建築をして攻撃したりなど様々な戦闘方法があるので、その時によって攻撃のパターンも変えなければいけないので本当にセンスと経験が必要になります。

難しいけどめちゃめちゃ楽しい!

最初はどのゲームも難しいし慣れるまで時間掛かりますよね?なので、このゲームも慣れるまでは負けまくるので悔しいです。ですが、慣れてくるとゲームの楽しみ方もわかりますし、次第に勝てるようになってくるのでどんどん面白くなって来ます。

また、スキン(服や道具)というものもたくさんあるので、服を集めたりするのもこのゲームの面白い要素です。可愛い服やかっこいい服まで様々な種類のものがあるので、集めるのは大変ですが自分の好きな服を着て戦いに挑むのもこのゲームの特徴かもしれません。

フォートナイトで友達と時間を過ごそう

このようにフォートナイトは少し難しいFPSゲームですが、確実に慣れると面白いし飽きないです。色々なスキンなどもあるので好きなものを集めて、友達に自慢したりするのも面白いかもしれません。

友達と2人でデュオモードでボイスチャットを使ってゆっくり楽しみながらゲームをするのもいいし、4人でやるスクワットモードでワイワイ石ながらやるのもいいです。自分にあったやり方を見つけて、この「フォートナイト」で楽しく時間を過ごして見てください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です