全国47都道府県のヒロインが悪魔と戦う「47ヒロインズ」をプレイしてみた!

日本が舞台の美少女×悪魔のストーリー

「47ヒロインズ」はYUNOUGAMESが制作したシミュレーションRPGです。

タクティクスバトル系の本格派の作品となっており、グラフィックの美麗さや、システムの豊富さはスマホゲームであることを忘れさせるぐらいのクオリティとなっています。

しかもキャラは全てフルボイスとなっており、一人一人のキャラにプロフィールが用意されているというこだわり具合となっています。

アニメからゲームに移植ような、作りこみ具合が魅力となっており、制作者の熱意が伝わってくる作品だと感じます。

それでは『47ヒロインズ』がどのようなゲームなのか紹介していきたいと思います。

47都道府県がテーマのシミュレーションゲーム

『47ヒロインズ』は各都道府県にキャラが一人ずつ設定されています。

悪魔の出現により、日本は侵略されてしまい、特異的な性質を持つ47人の美少女が、日本を悪魔から守るために戦っていくというのがメインのストーリーとなっています。

美少女が多数登場するので、明るいストーリーを期待しましたが、本作はダークファンタジー寄りだと私は思います。

「シノアリス」ほどのダークさはありませんが、「ガンツ」のようなストーリーが期待できると私は思いました。

ただ、襲撃してきた悪魔は捕獲することで、仲間にすることもできるというハチャメチャぶりも見せてくれます。

私はナビゲーターとなっているキャラが怪しいと思っています。

「まどまぎ」のキュウベイのような存在に思えて仕方がないのです。

バトルシステムが斬新

『47ヒロインズ』はターン制のタクティクスバトル系となっています。

自軍がマス目に区切られたフィールドを移動、攻撃といった操作の後、敵のターンとなります。

「ファイアーエムブレム」などと同じようなシステムではあるが、『47ヒロインズ』では包囲、魔人化といった独自のシステムがあります。

まず、包囲は簡単に言うと敵を囲むことで、全員でフルボッコにしてしまうというものです。

ただ、囲まなくても、2人、3人で追いつめていれば、連携で攻撃をすることも可能となっています。

そして一定の条件を満たすことで、キャラは魔人化することができます。

魔人化したキャラはかなりダークな姿になり、ステータスが大きく上昇します。

この魔人化が、「まどまぎ」の魔女化とかなり重なってしまうのです。

結末は悲しい物語だと、序盤から言われているような気が仕方ありません。

多くの育成システムがやりこみ要素

『47ヒロインズ』ではレベルアップ、ランクアップ、スキルアップといったキャラの強化要素がメインと言えます。

ただ、他にも武器の強化や、武器に悪魔を憑依させる魔装、塩基レベルといった様々な強化方法があります。

しかも、『47ヒロインズ』ではストーリーをクリアしていくだけで、全キャラが入手できるというサービスも魅力となっています。

リセマラなどでお気に入りのキャラを求める必要がなく、強化さえ億劫にならなければ、努力次第で自身の好きなキャラを使っていくことができるのです。

武器やタイプと戦略性が重要な本格派

『47ヒロインズ』では武器が6種類、タイプが5種類とバラエティにあふれたキャラが登場します。

攻撃タイプだからといって、攻撃力が高い大剣を持っているわけではなく、回復タイプだからといって距離の取れる武器を持っているわけではないのです。

最初から47人といった多くのキャラを扱えるということもあり、パーティをどのように編成していくかといった戦術がかなり重要になってくるのです。

オート機能こそありますが、レベル上げ以外では使うことはないと思います。

『47ヒロインズ』は適度な難しさとバラエティ性があり、スマホとは思えないほどのクオリティを持っているシミュレーションRPGといえるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です