童話のキャラが暴れまわる「リボルバーズエイト – リボハチ-」をプレイしてみた!

夢の国のおとぎ話が交差する

「リボルバーズエイト」はセガが制作したタワーディフェンス系のゲームとなっており、様々な童話がもととなっている作品です。

セガといえば知らない人がいないのではないかといえるほどのゲーム会社で、龍が如くやソニックなど数々の名作を出しています。

「リボルバーズエイト」に登場するキャラは、誰もが知っている「桃太郎」「赤ずきん」となっており、ただパンクロック調にアレンジされています。

簡単に言ってしまえば、みんなが知っている「桃太郎」「赤ずきん」の印象はほぼなく、かなり口調も荒く、交戦的なキャラとなってしまっているのです。

それでは、「リボルバーズエイト」がどのようなゲームなのか紹介していきたいと思います。

誰もが知る話がアレンジされている

「リボルバーズエイト」は誰もが知っている「赤ずきん」「シンデレラ」といった童話の世界がもとになっている話です。

ゲームはタワーディフェンス系ではあるが、ストーリーの展開がかなり面白いと思います。

おとぎ話の人物たちが作った世界「イマーゴ」では、100年に一度「最強のヒーロー」を決める大会が開かれるのです。

この大会で優勝したヒーローは誰もが知る童話を、好きに書き換えることができるのです。

ただ、この大会の勝者は圧倒的な強さを示した「ピータパン」でした。

彼はネバーランドの世界をイマーゴ全土に広めたのですが、その先に興味はなく、どこかを消えてしまったのです。

リボルバーズエイト」は誰もが知っている童話の世界を、交差させた新たな物語なのです。

タワーディフェンスの王道

「リボルバーズエイト」は童話の主人公の目線で楽しむことができるクエストモードと、他のプレイヤーと対戦することができるリアルタイム対戦を行うことができます。

クエストモードでは、ストーリーを楽しむことができ、キャラのレベルを上げていくことができます。

クエストモードで鍛え、ゲームになれたところで、リアルタイム対戦でランクを上げていきましょう!

ユニットを召還するためには、インクを消費しなければなりません。

そして敵の拠点を壊せば、勝利といった一般的なタワーディフェンス系ゲームと変わりはなく、ルールも簡単です。

ただ一定の条件を満たすことで、キャラはスキルが使用可能となり、童話にちなんだ、ど派手なスキルを発動することができるのです。

戦略性の求められるバトル

「リボルバーズエイト」では、8枚のデッキを使用して、バトルを行い、最大4人のヒーローを編成することができます。

カードには様々な種類があり、範囲を指定して発動させるカードや、複数のユニットを召喚するカードなど様々な戦略を用いて、敵の拠点を壊していくことができます。

4人の編成されたヒーローにはゲージを溜めて発動させるノーマルスキルと、バトル中に一度だけ、リーダーヒーローだけが使える必殺技スキルがあります。

かなりの威力を出すことが可能で、戦局を大きく変え、演出も見ていて飽きないものとなっています。

そして、「リボルバーズエイト」ではタイプによって相性がある、いわゆる「三すくみの関係」があります。

じっくりと戦略を考えたバトルをしないと、どれだけキャラやヒーローを鍛えても勝つことができないのです。

独特の世界観が楽しめる

「リボルバーズエイト」は世界観が魅力的で、独創的と言えます。

誰もが知る童話をアレンジしているということもあり、ストーリーに入りやすいのです。

知らない人が登場する話より、知っている人が登場した方が、ストーリーを楽しむことはできるのです。

しかも「リボルバーズエイト」では、人気声優によるボイスが再生されるのです。

視覚や内容だけでなく、耳でも楽しむことができる圧倒的なボリュームを味わえるゲームといえるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です