選択制の王道RPG「イドラ ファンタシースターサーガ」をプレイしてみた!!

プレイヤーが全てのストーリーを左右する王道RPG

イドラ ファンタシースターサーガはSEGAが制作した、王道RPGとなっています。

人気シリーズでもある「ファンタシースター」シリーズの30周年記念作品となっており、各シリーズのいいところをうけついだ決定版ともいえる作品なのです。

主人公はどこにでもいるような船乗りだったのですが、突如中立の立場である騎士団の団長に選ばれることから世界が始まります。

鉄仮面をかぶったヒロインキャラと一緒に巨大モンスター「イドラ」を倒し、世界を解放していくのです。

それではイドラ ファンタシースターサーガがどのような作品なのか、紹介していきたいと思います。

コマンド性の王道スタイルのバトルシステム

イドラ ファンタシースターサーガの戦闘はコマンド制で進めていきます。
全員のスキル、攻撃、回復を選んでから行動を開始するので、リアルタイムではなく、しっかりと戦略を練った後に行動が可能となります。

行動順は素早さによって変わっていきます。
攻撃などを行うことで、キャラのゲージがたまっていき、必殺技が使用可能となります。

またキャラは控えと交代することもでき、最大8人のパーティを組むことができます。

各キャラの特性に合わせて、柔軟に戦況に柔軟に対応することが求められるのです。

王道のスタイルで戦うシステムとなっており、戦況を配慮して行動を行う必要が有ります。
戦略性も求められるため、王道のRPG好きの人が楽しめる内容といえるでしょう。

ストーリーのボリュームが素晴らしい

イドラ ファンタシースターサーガには2つの勢力が存在します。

秩序と正義を重んじる「ロウ」と束縛を嫌う自由な「カオス」です。
ただきめられたレールを進んでいくのではなく、どちらを選ぶのかはプレイヤー次第です。

全てのキャラは最初はどちらかの勢力に所属していますが、「運命分岐」というシステムにより異なる勢力へと変更することも可能となっています。

1キャラで二度遊べるというボリュームの多さが魅力とも言えます。

勢力が変わることで、キャラの見た目が変わり、ステータス、スキルなども変わってきます。

盗賊が戦士になったりというクラスチェンジも行えるので、一人一人のキャラの育てることに楽しみがあるともいえるでしょう。

イドラが世界の軸となっている

「イドラ」とは巨大なモンスターのことを指します。

イドラは敵として登場し、討伐することで地方が解放されていくのです。

またレイドバトルでイドラに挑むこともでき、自身もイドラに変身することが可能となっているのです。

ただイドラはラスボスの仲間という設定なので、この部分は少し崩壊してしまっていますね。

レイドボスを倒すことで、様々な報酬をもらうことができます。

限定キャラなどを手に入れることもできるので、仲間と協力してレイドボスに挑戦するようにしましょう。

強化システムにやりこみ要素あり

イドラ ファンタシースターサーガでは「ウェポン」と「ソウル」という強化システムがあります。

ウェポンは主にステータスを上昇させることができる武器といえるでしょう。
王道のRPGでもおなじみのものとなっており、RPG好きにとってはおなじみと言えますね。

ソウルは限られた場面にのみ、効果を発動できるという特性があります。

キャラにより、ソウルは異なるので、パーティに編成する際はどのようなソウルを持っているのか、
しっかり確認を行うようにしましょう。

2つの強化システムをもとにレベルを上げることで特殊能力のスロットも解放となります。

ただレベルをあげるだけではなく、キャラの特性を見極める必要があるといえるでしょう。

人気シリーズの決定版は面白い

イドラ ファンタシースターサーガは「運命分岐」により、様々な目線で楽しむことができます。

RPGといえば、敵と味方、相反する勢力のどちらかの目線でしか楽しむことができませんが、イドラ ファンタシースターサーガはどちらの目線でも楽しむことができます。

これは新しくもうれしいシステムといえると思います。

しかも一度決めれば、変更できないということもありません。

ボリュームも多く、王道のRPGが好きな人や、ファンタシースターシリーズ好きにおすすめしたい作品といえるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です