ポーカーのような要素が楽しい「ウイニングハンド」をレビューして見た

ウイニングハンドとは?

DMM.com POWERCHORD STUDIOが、2017年12月25日にサービスを開始したトランプ召喚バトルのアプリ「ウイニングバンド」です。

ウイニングハンドは、キャラクターやモンスターを召喚し戦う、トランプ召喚バトルです。1人プレイはもちろん楽しめるのですが、友達や家族とも一緒にプレイできるフリーのルームバトルもあるので、さらに面白いです。

基本的にポーカーで役を揃えて的に大ダメージを与えるゲームです。ポーカーの役をそろえることでより強力な召喚獣を大降臨させることができ、ダメージも一気に膨大な量になるシステムです。

ウイニングハンドの進め方と流れ

・アバターを選びましょう。

・マップはスゴロク形式です。ルーレットの出目次第では敵に遭遇することもあったり、赤ますや青マスがあったりと運も少し必要です。

・トランプ召喚バトルでは、カードを上にスワイプすることでモンスターたちを召喚することができます。また、ポーカーの役をそろえれば召喚獣を大降臨させることができるので、ポーカーのルールも少し走っておきましょう!

ポーカーの役を知ろう!

まずは、スートとランクを知ろう!「スート」とは、ハート、ダイヤ、スペード、クラブを指します。「ランク」とは、数字の高低で、3は、Qより「ランク」が低い、となります。

  • ワンペア: 同じランクのカード 2 枚と、ランクの異なる 3 枚のサイドカード。要するに同じ数字が2枚あることです。
  • ツーペア: 同じランクのカード 2 枚 1 組が 2 組と、1 枚のサイドカード。同じ数字が2つを2ペア作ればいいです。
  • スリーカード: 同じランクのカード 3 枚と、ランクの異なる 2 枚のサイドカード。3枚同じ数字のカードが手札にあればいいです。
  • ストレート: 連続した数字の 5 枚のカード。例えば、23456や56789などの連続した数字です。
  • フラッシュ: 同じスートの 5 枚のカード。例えば、クローバーだけやハートだけなどです。
  • フルハウス: 同じランクのカード 3 枚と、それとは別の同じランクのカード 2 枚。
  • フォーカード: 同じランクのカード 4 枚と、1 枚のサイドカード (「キッカー」)。要は、同じ数字を4枚手札に揃えればいいです。
  • ストレートフラッシュ: 連続した数字で同じスートの 5 枚のカード。例えば、全てクローバーで45678など。
  • ファイブカード:同じランクのカード5枚。手札に同じ数字が5枚くればこの役になります。
  • ロイヤルストレートフラッシュ(ロイヤル・フラッシュ):同じスートで10,J,Q,K,Aを揃えることです。

このように、様々なパターンがあるので一つ一つ覚えて、役を揃えて召喚獣を出そう!

モードを選ぼう!

遊べるモードは、同じランク帯のプレイヤーとの対戦が楽しめる「ランク戦」に、友人や家族など自分の好きな相手と戦える「フリーマッチ」、さらにCPUと戦いアイテムや召喚獣をゲットできる「クエスト」の3種類が用意されています

クエストのステージはスゴロク式になっており、ルーレットを回して出た目の数だけ駒が進み、止まったマスに応じてゴールドを獲得できたり、バトルが発生したり、様々なイベントが起きる。

なので、いろいろな種類のモードがあるので飽きることなくゲームをプレイすることができます。

一部のクエストでは「ジョーカータイム」という特殊なモードがあるとこともあります。ジョーカータイムは、バトル中の配札でジョーカーが出た際に発生するモードで、伏せた札からジョーカーを当てることで最大7枚のジョーカーを手にすることができます。

このジョーカーが勝利のキーになるので、ジョーカータイムに運よくゲットできるように願いましょう!

カードゲームが好きなら一度はプレイしてみよう!

ポーカー+TCGという感じで、盤面の戦いを繰り広げながら並行して役を組み上げていくのは他には無い面白さがあります。

また、召喚獣は全てを引っ繰り返せる強さながら対召喚獣用即死魔法が全員に配られているので、いかに機会を狙って召喚獣を出すかの見極めがこのゲームのポイントです。

カードバランスは少々悪いものの、運と手札・盤面操作の実力が資産より重いので、カードゲーム好きならやってみるとはまってしまいます。

いろいろなモードもあるので、知り合いや家族と一緒にプレイするのがゲームが楽しくなるコツです!ぜひプレイしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です