ドラクエに登場するキャラクターがカードに!?「ドラゴンクエストライバルズ」をプレイしてみた

ドラゴンクエストライバルズ とは?

https://www.instagram.com/p/Bfz3JQBH4lc/

「ドラクエ ライバルズ」はドラクエに登場するキャラクターやモンスターのカードで楽しめる本格オンライン対戦カードゲームです。

バトルシーンでは「テリー」や「ゼシカ」といった人気キャラが躍動し、神谷浩史さんや竹達彩奈さんなどの豪華声優陣のボイスつきなので、目でも耳でも楽しめます。

ドラクエ ライバルズの遊び方

・メインとなるゲームモードは、同じランクのプレイヤーと対戦し、勝敗によってランクが上下する「ランクマッチ」があります。

ランクに関係なく対戦ができる「フリーマッチ」に対戦相手を呼びこめる「ルームマッチ」の3種をプレイすることになります。

バトルのルールは、毎ターン最大値が1MP増加します。MPを消費してフィールドにモンスターカードを配置し、リーダー、もしくはモンスターカードの攻撃によって敵リーダーのHPを0にすると勝利となる。

・モンスターカードや魔法カード、特技カードにはそれぞれ消費MPが設定されている。ターン内に使えるMPは限られているので、状況をよく見て召喚するカードを決めよう。

また、攻撃力と体力も設定されているので、それぞれのタイミングを考えながら召喚するようにしましょう。

モンスターカードには特殊効果が設定されているものが多いです。リーダーの特性、モンスターの特殊効果や消費MPなど、様々な点を考慮してデッキを組みましょう。

・ゲームの進行によって得た「ゴールド」を消費することでカードパックを購入できる。カードには全リーダーで使える共通カード、特定のリーダー(職業)でしか使えないカードがある。

わかりやすくまとめた基本的なルール

・デッキの枚数は30枚
・カード1種類につきデッキに2枚まで レジェンドカードは1種類につき1枚まで
・毎ターン1枚ドロー
・HP(ライフ)の初期値は25
・MP(コスト)は毎ターン1ずつ上限が増えていく
・攻撃側が攻撃対象を選べる戦闘システム
・先攻の手札は3枚 後攻の手札は4枚&テンション+2(テンションについては後述)
・相手のHPを0にすると勝利

このように述べてみましたが、理解するのが難しいかもしれません。ですので、一度プレイしてみるのが一番いいと思います。

ブロックとウォールについて

さまざまなモンスターや冒険者といったシリーズおなじみのユニットカードをプレイする際には、任意の6箇所のマスの中から選んで場に出す必要があります。

適当にモンスターを置いて勝てるゲームかと言えば、当然そんなことはありません。

このマス目がどんな意味を持つのか説明するために、「ブロック」と「ウォール」というシステムも理解しておきましょう。

・ブロックとは、同じ列の前列と後列にユニットがいる場合、攻撃する側は必ず前列のユニットを攻撃しなければならないルールのことです。

・ウォールとは、上・中・下段のすべてに敵のユニットが存在するとき、攻撃する側はリーダーを攻撃することができないルールのことです。

ユニットを出すだけでそれだけの選択肢があるゲームですから、当然実力もかなり影響するゲームになります。なので、見かけ以上に頭を使うゲームになっています。

テンションについて

https://www.instagram.com/p/Bnd9virnFBQ/

各ターンに1回まで、プレイヤーは1MPを支払うことで「テンション」を1増加させることができます。

そして「テンション」のゲージが3つまで溜まると、各リーダーに応じた能力を持つ0MPのカードを使うことができるようになるというわけです。

使えば即時に能力が発動するわけではなく、各ターンで分割してテンションゲージを溜めない限り、能力の使用にまで至らないという点です。

このように、テンションはそれぞれのキャラクターによって異なるので、どのキャラクターが自分のデッキに合うのかを考えたりしながらゲームをプレイしてください。

ドラクエ ライバルズの奥深さを知ろう

https://www.instagram.com/p/BrPaYVTF_cm/

この「ドラクエ ライバルズ」はとても頭を使うので、ただドラクエが好きという方にはあまりオススメできないかもしれませんが、カードゲームをしながらのボイス機能などもはまってしまうポイントもあるので是非プレイしてみてください。

また、小さい子供から大人まで幅広く楽しむことができますので、楽しんでみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です